先日、補聴器を買替された80代のお客様のお話しです。

両耳中程度の難聴のお客様ですが、買い替える前は片耳(右)のみ補聴器をされていました。

以前より両耳での効果が期待できるお客様でしたが、費用が倍になる、お友達から片耳で十分と聞いたことがある

という理由から片耳(右のみ)で購入されました。

最初は片耳装用でも、「TVの音量が補聴器を着けていないときより小さくなった。」と言われてましたが、

徐々に「音は大きくなるけど聞きたい人の言っていることがわからない。

マスクもしているので会話が、私だけわからない。」というお困りの声が徐々に増えてきました。

「年のせいかなぁ。」と諦めの声もありました。

今回、買い替えの時期になり、もう一度お客様の聞こえの測定結果から両耳での聞こえの効果が期待出来ることを説明し、

新しく発売された充電式の耳穴補聴器を両耳でお作り頂きました。

両耳装用での補聴器をお渡ししてから1ヶ月後の点検の時にお喜びの声を頂きました。

「最近一番うれしかったのは、隣にいた同年代の(難聴でない)お友達よりマスク越しの講師の声がわかった!」

「今回、両耳装用にしてよかった。すすめてくれてありがとう。」

その他「家の中から、雨が降ってきた音に気が付いた」「仲間との会話が楽しくなった。」なんて声もありました。

両耳装用の効果をお客様自身が実感されたようで、とても嬉しい瞬間でした。

 

津店 M.K