もうすぐ12月。段々と寒くなってきましたね。
そんな冬になろうとしているこの季節からも、補聴器のメンテナンスは必要です!

特に気を付けてほしいのが、結露。
冬は建物等の中と外との気温差で補聴器内部に結露する事あります。
耳掛け式補聴器をお使いの方は特に要注意です。

チューブ内に水滴が溜まってしまうんです!
この状態で使用すると、水滴が音を遮断してしまい ほとんと音が聞こえません。
このような場合は、チューブを外し エアブロアーやこより等で水滴を除去してください。

耳穴式や小型耳掛け式を使用を使用されている方も油断大敵!
結露はチューブ内だけでなく、補聴器本体内部にも起こる可能性があります!
補聴器内部に結露等が発生してしまうと、故障につながります。
故障となると、数週間お預かりし、場合によっては多額の修理代が掛かる事もあります。

そこで、ご自分でもメンテナンスを行っていただく事をお勧めします。
一番簡単な方法として、
・こまめに乾燥剤に入れる
これだけでも、違います。
週に1回だけ入れていたが、3日に1回にする。など をしてもらうと故障の率を下げる効果があります。

乾燥剤も永久に使える訳ではないので、定期的に交換が必要です。
一般的に2ヶ月に1回は交換と言われています。
2ヶ月以上同じ乾燥剤を使っていると効果が切れている可能性があります。

乾燥剤の効果を確認してほしい、具体的にメンテナンスを教えてほしい 等あれば、
一度お近くのナショナル補聴器センターへご来店ください。
ご来店ご予約を入れていただくと、スムーズにご案内ができます。
是非よろしくお願いいたします。

大垣店 H.T