お仕事で火災報知機の点検作業を行う方がご来店され、検査音が聞こえないとご相談がありました。
聴力を確認してみると、会話などには支障がないが4kHzの周波数が急激に悪くなっており体温計や家のチャイムも聞こえないと言う状態でした。
補聴器の内部には、高い音をご本人が聞こえる高さの音まで移行し、今まで聞こえていなかった音が聞こえるようになる機能もあります。
これによって、『補聴器を付けることで安心して仕事に取り組める』とお喜びの言葉をいただきました。
このように、音が聞こえなくてと困っている方も一度相談してみてください。

豊橋店 M.C