東海地方を中心に店舗を展開する補聴器専門店 創業47年「ゆっくり、やさしく、スマイル で」をモットーに皆様の聴こえを応援します。 名古屋、一宮、豊橋、岐阜、大垣、津の6 店舗に加え、東海地方の各地を巡回して相談会も実施中です。

難聴

音読で聞こえのリハビリ

6月5日にこのブログでお伝えしましたように、音読は脳の活性化に効果があると言われるようになりました。 難聴のかたは補聴器を装用しながら、毎日15分から20分音読をすると言葉の理解がよくなることが期待できます。 毎日、身体 …

補聴器の3ヶ月体験で分かる4つのこと

大好評の当社オリジナルの補聴器3ヶ月体験。 単純な3ヶ月間のお試し期間とは全く異なります。 期間中にできる4つの特別な体験をお伝えします。   まず、現在の聞こえを把握しましょう。 どれくらい「小さな音」が聞こ …

最近、補聴器を装用する理由が変わってきました

補聴器を装用する理由は何でしょうか? 以前は「人混みに入ると話の内容が分りづらい」や「テレビの声がハッキリしない」など、「言葉の聞き取り」に関する訴えから補聴器を希望される方が大多数でした。 最近はもっと生活の質的向上を …

3ヶ月体験プランは「体験」以外にもお得がいっぱい

補聴器を購入する前にシッカリ試せる「3ヶ月体験プラン」。 でも、ナショナル補聴器センターの体験プランが人気の秘密は「体験」だけではありません。       1.技能者が調整した補聴器をお貸し …

改めて補聴器の必要性を痛感した!難聴と認知症国際シンポより

1月15日に東京で行われた〝難聴と認知症・うつ病”に関する国際シンポジウムを聴講してきました。WHOなどの専門家らの5つの基調講演と、国会議員・厚労省も参加したパネルディスカッションが行われました。 難聴が認知症やうつ病 …

補聴器の助成金(岐阜県)

補聴器のお金に関わるお話しです。   × 医療費控除 補聴器の購入代金は原則として医療費控除の対象になりません。 対象となるのは「治療の為に直接必要」であると証明できる場合のみです。 ですので、高額医療も関係あ …

補聴器を使う必要があるの?簡単に体験する方法は?

どうして補聴器を使うのでしょうか? 多少聞き難いだけでも必要なのでしょうか? 手軽に体験する方法はあるのでしょうか? そんな疑問にお答えします。 聞こえが改善するとは、どんなことでしょうか。  補聴器を使って良かった!と …

難聴は認知症・うつの危険因子です

昨年、厚生労働省が発表した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」で難聴が認知症の危険因子である事が記載されました。その後も国内外で複数の報告が出ているので、現状の理解をご報告します。   難聴が高齢者の認知機能低 …

補聴器は認知症の対策になるの?

今年初めに厚生労働省から発表された「新オレンジプラン」で認知症の危険因子として「難聴」が取り上げられました。また、認知症と補聴器に関する多くの見解も公開されています。その中から、いくつかの記事をご紹介します。   老人性 …

ゴルフの秘訣は耳にあり

ゴルフと「音」の大切な関係について面白い記事がありました。 プロゴルファーの中嶋常幸氏が「音のないゴルフ」を体験し、ゴルフと音の関係について語られている動画があります。 http://www.alba.co.jp/mag …

« 1 2 3 4 5 »
PAGETOP