お客様より 補聴器で電話はきこえないの? との質問がありました。

もちろん できます!!

ただ、ご使用いただく補聴器によって電話の受話器のあて方が異なります。

↓下の画像を参考にしてください。

 

耳かけ型の場合は、耳の上の方に受話器をあててください。
音を集音するマイクが耳の上の方にあるため、そこに受話器の音口部分をあてるときこえます。

耳あな型の場合は、普通にあててもらって構いませんが、押し当てないで
軽く後ろを浮かせてください。
受話器と補聴器が近すぎると、かえって聞こえにくくなるからです。

お使いになる電話の受話器に形状によって、あてる位置も微妙に異なりますので、
一度ご自分でどの位置が一番聞こえやすい位置なのか を探るといいですね。

最近の補聴器は携帯電話と連動出来る物もあります。
そのような場合ですと、受話器をあてる必要がありません。
補聴器から直接通話相手の声が聞こえるからです。
楽ですよね~ 中にはマイク機能も備えている補聴器もありますので、
ハンズフリーで通話が出来ちゃいます!!

気になる方は お近くのナショナル補聴器センターへ。
体験もできますよ!

一宮店 H.T