補聴器の価格は高額な物だと両耳で100万円以上します。
それなのに寿命はどれも5年程度。若いときから使い続けるのは大変な費用になります。
 
そんな費用の負担から開放される月額9,800円の「定額ケア」をご紹介します。
 
 
 

定額ケアなら全部込み

 
定額ケアは補聴器代金だけでなく、電池代や修理代金にも追加費用がかかりません。電池は日々使う消耗品です。特に極小サイズの器種は使用量も多いので、追加料金が必要ないのは助かります。
また、修理代金も必要ありません。故障した場合の修理代金は一般的に1台2万円〜4万円。アンプなどの重要部品が壊れると10万円近い費用がかかる場合もあります。定額ケアは自然故障に関しては全て保険でカバーしているので安心して使えますね。
  

3年ごとに新しい補聴器に交換

3年交換のメリットは絶大です。
・進化の早い補聴器で常に最新機種。
・その時のライフスタイルに合わせた形状。
・その時の聞こえに合わせた器種選択ができます。
補聴器は色々な形状があります。同じ性能でも耳かけ型や耳あな型、それぞれに小さい物から大きい物まで様々です。見た目や使い勝手、聞こえの程度によってお勧めの形状は変わってきます。
 
最初は見た目優先で外から見えない極小補聴器を選んで、後から使い勝手優先の大きめの補聴器に変更することもできます。
聞こえが大きく変わった場合も、中度難聴向けの器種から高度難聴向けの機種に変更することもできます。
 

ずっといい聞こえが続く仕組み

自分の補聴器だと購入から徐々に古くなり、最後は買い替え時期を迎えます。
その都度大きな補聴器代金がかかる上に、継続的に消耗品代金や悪くすると大きな修理代金がかかります。
 
定額ケアは認定補聴器専門店のスタッフによるフィッティングとメンテナンスを受けながら、いつも最高の状態の補聴器を使い続けられるシステムです。
 
一番人気のプランは入会金18万円で後は月々9,800円のアドバンスプラン。
入会金は最初の1回だけで後は月額費用だけですから、長く続けるほどにお得になる仕組みです。
 
その他詳細はぜひ店頭にてお問い合わせください。
 
  
岐阜店 K