「人生100年時代」ということばを耳にしますが、最近はそう感じることが多くなりました。

 

先日、補聴器を購入されたお客様は90歳の女性です。めちゃくちゃお元気です。

 

なぜ、補聴器が必要だったのか。どんなときに不便を感じたのか。

 

・プールに行って泳いでます。プールの後にお仲間とお話しします。

・免許は持ってませんが電動自転車で買い物にいきます。店員さんの声聞きます。

・カラオケが好きです。カラオケのお仲間と話します。

・絵画のサークルに行きます。絵画のお仲間と話します。

 

どれも80代半ばからはじめられたそうです。一緒に暮らされている娘さん(何歳なのか?)

の理解もあってのことでしょう。プールは今流行りの24時間フィットネスの家族会員に

無理やりされて、会費がもったいなく通うようになったそうです。

 最初は歩くだけだったそうですが、突然、泳ぎたくなったそうで泳げるようになったそうです。

 

20年前は補聴器も、「お医者さんの声がきこえない」とか「近所の寄り合いがきこえない」から仕方なしに、補聴器を検討する方が多かったように思います。

 

最近は、まず身体がお元気でやりたいことのため、そこでお仲間と楽しい会話をするため。

 

年齢は関係ありませんね。

90歳にして行動力とコミュニケーションの力があることがすごいなぁと感じました。

だから、90歳からでも補聴器は必要なんすね。

 

補聴器を着けるということは、もはや年寄りくさいイメージではないですね。

 

もっと、聴きたい、お話したい、楽しく過ごすために必要なものですね。

津店 M.K