月に入り各地で長い梅雨が明け本格的な夏になりました。
本格的というより、東海地方は35℃超の狂気的な気温が続いています。
人間もですが、補聴器にとってもこの気候は要注意です。
日中、精密電子機材の入っている補聴器に直射日光が当たらないようにしましょう。
車の中に置きっぱなしは厳禁です。
一日の終わりには、補聴器に着いた汗を拭きとり乾燥ケースに保管しましょう。
新発売のクイックエイド・プラスが効果を発揮します。
補聴器購入時に付属されている乾燥ケースの蓋の部分を取り換えるだけで装着完了。
乾燥効果を上げる小型ファンがスイッチオンで回り出し20分でファンは止まります。
価格は税込み3,200円。
3,700円で当社オリジナルケース付のお買い得セットもあります。
なお、乾燥剤の有効期限は2ヶ月くらいですから、乾燥剤の交換もお忘れなく。
名古屋店 T.Y