混雑したレストランでの会話は意外に難しいですよね。

米国オーティコン社が6つのヒントを教えてくれたので、ご紹介します。

聴器を使っていない方にも有効ですよ。

 

2018 10 10 15 32

1.事前に騒音レベルを調べよう

口コミサイトやガイド誌を活用して騒音の情報を調べましょう。

予約時に騒音レベルについて聞くことも大切です。

2.早めの時間に行く

店が騒がしいなら、騒がしくない時間帯に行くのも有効です。

一般的に午後7時過ぎからは混雑してきます。

 

3.個室や静かな角席を希望する

そもそも静かな部屋があるなら、それを選択します。

騒音が来る方向を限定することでも対処しやすくなります。

 

4.音源から離れる

スピーカーやライブ演奏があるなら、そこから離れましょう。

 

5.相手の顔が見える席に座る

相手の口の動きが見える明るい席なら視覚的に手がかりが得られます。

親しい人の隣で聞き逃したときのサポートを受けるのも良いでしょう。

 

6.補聴器を装用する

騒音下でも言葉が聞きやすい補聴器は色々あります。

オーティコン社のオープンはレストランなどの難しい環境でも聞き取りがしやすいと評判です。

 

 

複合的に色々な手を組み合わせることで、快適な聴収環境ができるんですね。

少しの気遣いで難聴の方が助かるという事も、周囲の方には知っていて頂きたいです。

 

 

 岐阜店 K