12月3日から9日に内閣府の推奨で「障害者週間をいうことで、障害のある人への理解と、社会参加を目的とする行事が行われました。
東京都の発案で、外見から障害のあるのが分かりにくいかたや、妊婦さんなど周囲の援助や配慮を求める目的で
ヘルプマークが活用されるようになり、名古屋市内でもよくそのマークを見かけるようになりました。
あわただしい年末年始、このマークをつけている人を見たらさりげない思いやりを心掛けたいものです。
名古屋店TY