初めて相談に来られるお客様から「補聴器はうるさい」という話を
よく聞くけれどそうなんですか?と聞かれることが多々あります。
実際にどうなのか?というと、「うるさい」のではなく
「うるさく感じる」と表現した方がいいのではないでしょうか。
お客様にもそのようにお答えしています。
では、なぜ「うるさく感じるのか?」ということですね。
考えられる要因は2つあります。
1)聞こえる範囲の変化
 
 今まで聞こえてなかった音(周囲の生活音)が聞こえるようになること
2)聞こえている音の大きさの変化
 
 聞こえている音でも、聞こえる音の大きさが変わること
 ※聞こえる音とは・・・周囲の声の大きさ、生活音の大きさなど
上記2つのことが急激に変わることで「うるさい」となってしまうのでは
ないでしょうか。
そうならない為には、聞こえに対して急激な変化を避けることが一番です。
そのための方法として当社では「聴育コース」という補聴器を装用するための
トレーニングコースを取り入れています。
     ↓
興味のある方は是非、店頭にてご相談ください。