一概に補聴器といっても沢山の種類があるのはご存知ですか?

 

耳の中に入れるものや耳の上にかけるものなど非常に沢山種類があります。
そのなかから自分好みの補聴器を探し出すのは困難を極めます。
本日はザックリ補聴器の形状と特徴を紹介しますので
補聴器選びの参考にして頂ければと思います。
耳穴型
耳の穴にすっぽり収まるタイプで1人1人の耳の形状に合わせて
作成するのでフィット感も抜群です。
その中でも種類がいくつか分かれますので紹介します。
IICタイプ
耳穴の奥まで入り外から見えない。今現在の中で一番小さいタイプ
の耳穴補聴器です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CICタイプ
耳穴にすっぽり入り目立ちにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナルタイプ
IIC、CICより形状が大きくなるが、その分操作がしやすく
電池の寿命が長くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

フルシェルタイプ
カナルタイプよりも形状が大きくハイパワーの力を出すことが
できるので高度の難聴にも対応できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳掛け型
耳の後ろに掛けるタイプ。多機能で操作性も高い。
幅広い聴力にも対応しカラーも豊富です。

RICタイプ
レシーバーという音を出す部分を機械の外に出したことで
ダイナミックな音質を実現。またレシーバーを外に出したことで
小型化にも成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準タイプ
従来からあるタイプで操作性がよく、扱いやすい上
幅広い聞こえに対応できるタイプで根強い人気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワータイプ
標準タイプよりも音を大きく出すことができます。
形状も大きくさらに操作性がアップし、電池の寿命も長いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

聴力や使い勝手に合わせて、向き、不向きがあるのがお分かりいただける
と思います。

まずは自分好みの補聴器を選んでイメージを高めて見るのもいいかもしれません。そのあとで、しっかりした専門店で自分にはどの補聴器が一番最適なのかをカウンセリングによってアドバイスをもらうことをお勧めいたします。

 

本日は「耳あな型」と「耳かけ型」の2種類をご紹介しました。

岐阜店
UY