まだまだ、補聴器に対してのイメージは形が大きくて、本体の色も
ベージュ(肌色)のような地味な色、と思っているお客様がみえます。

耳かけ型の補聴器ならメーカー、器種にもよりますが、色は迷ってしまうほど
種類が豊富にある物もあります。
今の補聴器は形も小さく、目立ちにくい物が多くなっています。
ちなみに色の種類は茶色、黒など落ち着いた色もあれば、赤、青など
明るい色もあったりします。
もちろん、今でも肌に近い色としてベージュもあります。

以前、紹介したことがあったと思いますが、最近では耳あな型の補聴器でも
色を選べる器種も発売されています。
(耳あな型の場合、装用したら色は分らなくなりますが。。)

補聴器を選ぶ際は、装用した時の印象も考えて色を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

一宮店KS