今日は京都にある八坂庚申堂に行ってきたのでご紹介します。

カラフルで写真映えするとのことで若者に最近話題の神社です。やはり20代の女の子やカップルが多かったです。八坂神社から徒歩10分くらいところにあります。

第一印象はやっぱりカラフルなボンボンがぶらさがっているのが印象的です。

このボンボンは「くくり猿」というようです。カラフルな布地でつくられています。くくり猿は手足をくくられて動けなくなった猿の姿のお守り。なぜ猿がくくられているのかというと、欲望のままに行動する猿を動けない姿にすることで、欲に走らないよう人間を戒めているのです。

くくり猿に願いを込めて欲をひとつ我慢すると、ひとつ願いを叶えてくれるそうです。

TVである芸能人の方がこの「我慢すること」を破ってしまい災難がいくつも起きたと話をしているのを聞いたことあります。しっかり覚悟を持ち我慢するものをきめたほうがいいようです。

お願いしたいことはいっぱいありますが、それに見合うだけの「我慢すること」なんて相当覚悟しないといけませんね。

今回は我慢できることのが思いつかなかったため、「我慢すること」を決め再度参拝したいと思います。

大垣店KS