補聴器の値段は形状にもよりますが、お値打ちな物で1台5万円程度から
高い物だと50万円程度となります。

値段が違っても見た目の違いはほとんどありません。
値段で違うのは、基本的に機能(性能)になります。

<主な機能の違い>

補聴器は、使う人が少しでも聞きやすくなるよう調整が重要になります。
その調整を細かく合わせられる物になればなるほど、値段が高くなっていきます。
(より自分に合った音質にすることが可能になる)

それ以外にも、雑音(周囲の会話以外の音)を抑える働きが強い物の方が
値段が高くなります。
(色々な環境で静かに会話を聞きやすくすることが可能になる)

ただし、値段が高ければ良いという訳ではありません。
値段の違いはあくまで機能の違いであって、一番は自分に合った補聴器かどうかです。
なので、いきなりお店に行って商品の説明を聞いただけで判断するのは難しい為、
まずは自分に合っているのかを、実際に試して判断することをお勧めしています。

当店では初めての方でも安心して購入していただく為の「購入前お試しコース」がありますので是非、ご利用ください。

一宮店 KS