本日は、2つの問題についてお答えしていこうと思います。

Q1 補聴器はどのくらいきこえにくくなったら使い始めたらいい??

A1 少しでも、聞こえに不自由を感じられたタイミングで、一度補聴器
  装用を検討されることをお勧めします。
難聴になって時間が経過してしまうと、音の刺激に対して脳が鈍感になり
言葉を聞き分ける力が低下すると言われています。言葉は一度聞き分けが
しにくくなると、補聴器で音を大きくしても判別がしにくくなるので、
できるだけ早いうちから使い始めたほうが良いです。
Q2 補聴器を使うとさらに聞こえが悪くなりませんか?
A2  適切に調整された補聴器からは、聞こえを悪化させるような大きな音
   が出ることはありません。
適切にフィッティングを行えば、、聞こえを悪化させるような大きな音が
でないように設計されています。逆にいろんな音を普段から聞くことで、
神経をたくさん使うので言葉を忘れずに済みます。
当店では、認定補聴器技能者が各店舗に常駐しております。
安心して補聴器をお使いいただけるようにしっかりとアドバイスとサポート
いたします。その他、補聴器に関する質問等あれば、
お近くのナショナル補聴器センターにお越しください。
岐阜店 U