3月3日世間一般には「ひな祭り」ですが、「耳の日」でもあります。
耳鼻科の先生方によるイベントも各地で行われます。
http://www.jibika.or.jp/citizens/miminohi/mimi.html

ここで、補聴器について原点に返りご説明いたします。
現在はパソコンで用いられているマイクロチップを搭載した音声信号処理をする電子装置です。

補聴器販売店で適性に調整されている場合は、補聴器の中にどれを装用するひとの聞こえのデータがはいっています。
それにより大雑把ですが

①音量調整を自動化し、補聴器に入ってくる音の大きさを判断し、聞こえのデータに基づき増幅し出力します。

②必要以上には音を大きくしません。出力制限装置により大きな音を、音がひずむことなく抑えます。

③音声信号と雑音を判別し、音声が聞きやすくなるよう雑音を抑制します。

通信販売の機器と異なるのは、装用するかたに合わせて調整を行うことです。
補聴器の相談は信頼できる専門店でどうぞ。

名古屋店TY