このブログでも毎年のように案内をさせて頂いております。
今年もこの季節がやってきました!
そう。電池寿命が短くなる季節です。。
改めて、冬場の電池取り扱いについてお伝えいたします。
空気電池は「乾燥」と「二酸化炭素」により
電池寿命がみじかくなります。
石油ストーブやガスストーブ暖房時には十分な換気をお勧めします
 
また、気温が低温になると電池の動きが悪くなります。
補聴器に入れる前に電池を手の平で少し暖めてからご利用
頂くようおねがいします。
これをやらずに電池を補聴器に入れてしまうと、うまく放電していないので
補聴器から音がでません。
初期不良電池と勘違いして次々新しい電池を出して、かなりもったいない事に
なります。
unnamed-4
十分空気電池の性質を知ったうえでご使用いただくようお願いします。
こちらも参考にしてください。
岐阜店UY