授業での先生の話を確実に聞くための補聴器用ワイヤレスマイク。今夏発売された新型のタッチスクリーンマイクが大好評です。

img_0019
フォナック社のRogerシステム<LINK>

離れた人の話が聞こえるワイヤレスマイク

補聴器は遠くにいる人や騒音の中での会話が得意ではありません。デジタル補聴器は様々な方法で聞き取りを向上させてくれますが、離れた人の言葉を聞き取るのに抜群の効果を発揮するのが専用ワイヤレスマイクです。
話者にマイクを持ってもらい、その声を直接補聴器で聞くことができます。
騒がしい授業での先生の声や大きな会場での講演など、補聴器での聞き取りが難しい場面でも集中して話者の話が届きます。

roger_tsmic01

Rogerタッチスクリーンマイクは従来のワイヤレスマイクより取り扱いが簡単で、より確実に話者の声を捉えることができます。

生徒用の予備マイクなら話し合いも簡単

授業中、先生の話だけでなく生徒の発言も聞き逃さない予備マイクもあります。

roger_bamic

こちらも従来より小型化され、取り扱いも簡単になっています。
例えばマイクのスイッチを触らなくても、机に置けば切れ、また手に持てば働きます。また、専用スタンドに置けば感度が上がって、朗読などの声が聞き易くなります。

会合での聞き取りも助けてくれます

タッチスクリーンマイクには3つのマイクで指向性をコントロールしています。
会合のテーブルの中心に置いておけば、一番声の大きな人の話を捉えて周囲の雑音を抑えることができるのです。何人かで騒がしい喫茶店で話す場合も、別のテーブルの声は小さく、グループ内での会話を中心に大きくしてくれます。
これを皆の中心に置くだけで自動指向性が働くのでとても簡単です。

テレビや音楽にも

タッチスクリーンマイクには普通のイヤホンジャックが付いています。
テレビや音楽プレーヤーに差し込めば離れた場所にあっても補聴器で聞くことができます。テレビの音が大きいと言われる方や、夜音量を上げられない方にもいいですね。

岐阜店 K