漫画に詳しい方ならご存知と思いますが、週刊少年マガジンで連載されました「聲の形(こえのかたち)」が映画化されました。‼

転校生の聴覚障害の女の子と同級生の男の子の純愛をテーマにした物語です。

unnamed-2

店頭に単行本1巻だけ展示しておりますが、知っている方も、知らなかった方も手に取られた方は夢中で読まれています。

これだけ、引き込まれる方がいるのですから、映画化になったのもうなづけます。

少し調べてみたところ、単行本に描かれている風景は岐阜県大垣市をモデルとしているそうです。

大垣店をご利用してる皆さまは、作品の中の風景も見て頂けると面白いのではないでしょうか。

また原作者のお母さんが手話通訳者ということもあり手話の場面が多く描かれているそうです。

映画の予告をみましたが、風景がとてもきれいに描かれています。

これを機会に、広く皆さまへ、きこえにご不自由な方へのご理解に繋がることを期待します。

映画「聲の形(こえのかたち)」 2016年9月17日ロードショーです。

津店MK