補聴器は福祉制度を使って購入する事ができます。
聴力が障害手帳等級に該当した場合、お住まいの市区町村の福祉課へ申請
すれば、等級に応じて補聴器を支給される事があります。
ただし、それにはいろいろな条件等があります。

[障害程度等級表]
障害等級 障害者福祉法抜粋

級別   障害の状態
2級 重度難聴用 両耳の聴力レベルがそれぞれ「平均100デジベル以上」のもの(両耳全ろう)
3級 両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均90デシベル以上」のもの
(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4級 高度難聴用
  1. 両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均80デシベル以上」のもの
    (耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
  2. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が「平均50%以下」のもの
6級
  1. 両耳の聴力レベルが、それぞれ「平均70デシベル以上」のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
  2. 一側耳の聴力レベルが「平均90デシベル以上」、他側耳の聴力レベルが「平均50デシベル以上」のもの
※原則的として2級、3級に重度難聴用、4級、6級に高度難聴用が支給されますが、例外もありますのでご注意ください。
                        :ワイデックス ホームページより抜粋
詳しくは お住まいの市区町村の福祉課窓口、
もしくはお近くの ナショナル補聴器センター へご相談ください。