補聴器の両耳装用はかなり浸透してきました。その中で補聴器の性能も
随分進歩して、今や単に両耳へ補聴器を装用すればいいということでは
なくなってきました。
左右の補聴器が電波で通信しながらネットワークを構築。そして周りの音環境を
調べながら音声信号を左右でやりとりし最適な音声を耳へ届ける。
このような両耳間音声通信機能搭載の補聴器が、これからは主流になるのではないか
と思われます。
現在、通信機能搭載補聴器はすでに数社から発売されています。
両耳間音声通信機能付補聴器を是非一度手にとって見て、そして試してみてください。
新しい音の世界が感じられるかもしれません。
一宮店 T