聴覚障害による障害手帳保有者が補聴器購入を希望される場合、
障害者自立支援法で購入費の一部を助成してもらえる制度があります。
そしてこの法律に対応している補聴器(障害者自立支援法対応補聴器)の
性能がここ数年でかなり向上しています。
大別して
6級~4級が→高度難聴用
3級~2級が→重度難聴用  となっています。
1208tawada.jpg
機能については、
①ハウリング抑制機能
②雑音抑制機能
③ワイヤレス通信機能
④FM補聴システム
⑤汗・湿気に強いナノコーティング
等々・・と充実しています。
申請希望のある方、又は詳しくお聞きにないたい方はどうぞお気軽にご相談ください。
一宮店 T