数年前まで
補聴器は1台の補聴器に対して性能向上を目指した製品開発が行われてきたように思います。
例えば
音量調節は手動から自動調節へ、
ハウリング(ピーピー音)抑制は機能が向上し、より出にくいように。
更に
雑音抑制についてはいろいろな機能を組み合わせて、しっかり抑えて
より静かに言葉が聴くことが出来るようになりました。
ところが最近発売される補聴器は両耳装用を前提に、
左右2台の補聴器があたかも1台の補聴器として働くよう設計されています。
これは「ワイヤレス通信技術」を導入して、
左右それぞれの補聴器が無線通信を行い(両耳間通信)
まわりの音環境情報を交換し合って最適な聞こえにしてくれます。
これによって今まで以上に自然な聞こえが得られるようになり、
また一歩
「人間が持っている聴覚の働き」
に近づいたのではないかと思います。
是非一度当店で両耳間通信機能を持った最新補聴器の聞こえを体験してみてください。
   一宮店 T