すっかり、朝晩は肌寒くなりましたね!
でも、昼間は結構暑かったりして服装や、体調管理に気を付けないといけない時期になりました。
時期は少しさかのぼって、蝉(セミ)の話題です。
夕方、帰宅すると我が家の軒下に一匹の蝉が。
「ジ・ジ・ジ・ジ・ジ・・・」と、まさに虫の息で鳴いていました。
「息絶え絶えやなあ!もう夏も終わりやなあ!」と、言うと 妻が、
「”空前の灯火”(くうぜんのともしび)やねえ!」と。
ん!?
「いやいや違うだろう!それを言うなら
風前の灯火”(ふうぜんのともしび)だろう!」
何十年生きててもありますよねえ、こんな間違い。
今までずーっと使ってきた言葉が、ある時、なんと違っていた事が発覚する!?
ちょっとした聞き間違いから始まっているかもしれませんよ!
しかしまあ、”空前”と”風前”ではかなり違った意味になってしまいますよね!
私がこの言葉を知ったのは昔懐かしい”源平討魔伝”というゲームの中で言っていたから。
ゲームもなかなか役に立つ!?
私より学のある妻にちょっと勝った気分♪
みなさんもこんな聞き間違いの無いように「あれっ?」と、思う事が多くなったら
一度、聴こえの確認にご来店されてはいかがでしょうか?
さて、軒下にいた蝉ですが、一晩中「ジ・ジ・ジ・ジ・ジ・・・」と、鳴いたあげく、
翌朝、子供がつついたら飛んでいってしまいました。
「まだ飛べたんだね!」と、いい夏の思い出となりました。
   岐阜店 I