私は今までシワというと目に見える部分のことしか考えていませんでしたが
耳の中にも出来るそうです。
よく考えてみれば当たり前の事だったんでしょうが・・・
お客様で耳の中が大きくなったなどの訴えをたまに聞きます。
耳の皮膚も顔などと同じようにシワやたるみなどでハリがなくなり
結果的に耳の穴が大きくなってしまうようです。
それにより、ハウリングするようになったりすることもあります。
耳掛け型補聴器の場合は、そうなると耳栓のサイズも変えなければならない事もあるようです。
一番有効なのは、
耳の形を採って、オーダーメイドの耳栓を作るイヤモールドです。
耳穴型の補聴器の場合はシェルという外側の部分全体を作り直す必要があります。
耳の中は自分の目で確認出来ないので、なかなか気付かないですよね。
定期的にご来店くださいませ。
当ブログのイヤモールドに関する記事はこちら
http://national.blog36.fc2.com/blog-entry-6.html
   名古屋店 K