先日、銀行へ用事に行った待ち時間に普段は読まない女性週刊誌を手に取りました。
韓流スターの写真や人気子役の記者会見風景などをパラパラ見ていくと…
たくさんの中型、大型犬の顔写真が並んでいるページが目に留まりました。
3月11日の大震災で保護団体に保護された犬たちの顔でした。
保護した日、性別、性格、体格、保護理由、引き取り条件(現地まで迎えに行ける人必須)
などが本当に詳しく書かれた
里親募集の記事でした。
気付けば1匹1匹の顔と詳細を全て読んでいました。
性格には 人間嫌い たまに噛みます 心を開くまで時間がかかります… 
などとマイナスイメージを持たれる内容もしっかり書いてあり、
引き取り先で幸せになれるようにという保護団体の願いが込められているような気がしました。
そのほとんどが迷い犬でしたが、
『大切に飼ってくれる人(前の飼い主さんとの約束)』
という引き取り条件の子もいて
避難所で飼う事ができない飼い主さんが託した様子でした。
みんな本当に可愛い顔をしていて、見ていて胸が締め付けられる思いでした。
アパート暮らしの私にはとても引き取れないので、その子達の幸せを願うことしかできませんが、
今飼っているうさぎに愛情をいっぱい注ごうと、改めて思いました。
  大垣店 Y