乾燥剤を利用している方は多いと思います。
しかし、
どの程度で交換が必要なのか?
どうなったら交換が必要なのか?
が分かっていない方が意外と多いように思います。
使い捨ての乾燥剤の種類としては ①固形タイプ ②袋に入った粒状 のタイプに分けられます。
 
①の固形タイプは乾燥剤の場合
  底の部分に下記の写真にある中央の丸い部分が
  青→ピンクに色が変わった時が交換時期になります。
ksz01.jpg
②袋に入った粒状のタイプの場合
  袋の中の青色の粒がピンク色に変色してきたら交換時期です。
ksz02.jpg
使用できる期間・・・
  毎日使用した場合、おおよそ3ヶ月程度で色の変化がでてくると思います。
  ただし、使用環境によって違いがあります。
 
乾燥剤の種類によっては上記に当てはまらないタイプもあるかもしれません。
詳しくは購入されたお店にて確認していただくことをお勧めします。
   一宮店 K