防水効果にすぐれた耳掛け型補聴器の代表格として
フォナック社の Naidaシリーズ があります。
この補聴器は防水機能があることから、
特にこの次期たくさん汗をかきトラブルに悩まされていたお子様のご家族に多く支持されています。
ただし、気をつけるべきポイントがあります
補聴器の本体には
音を拾うためのマイクの部分2箇所と
電池ケースに空気電池に発電するために必要な空気を供給する部分1箇所に、
空気は通すが水分を通さない長円形のグレーのフィルターがはめられています。
naidafilter02.jpg
このフィルターは、単にはめ込んであるだけなので右の画像のように外れてしまうことがあります。
こうなると、悲劇です。
汗を激しくかいて、
電池ケースのフィルターが外れそのままにしておくと一晩で電池ケース内部がまっ赤にさびてしまいます。
マイク部のフィルターではマイクの音質不良が生じます。
そうなると、即メーカー修理しなければいけません。
外れたフィルターは手で簡単にはめ込むことが出来ます。
また、フィルターは汚れるとその効果が無くなり空気が通らなくなります。
Naidaをお使いのお子様のご家族は、夜お休み前に必ず
① 補聴器の本体とイヤモールドの汗をハンカチなどで拭く
② 電池ケースから電池を外し、電池ケース内側の湿気を拭く
③ 撥水フィルターの確認をする
④ 電池を外した補聴器を電池ケースを開けたまま乾燥ケースにしまう
といったお手入れを行ってください。
また、補聴器販売店で夏は特に小まめに、月に1回は点検を受けましょう。
   名古屋店 Y