先月、運転免許証の更新手続きに行きました。

手続き後の講習でここ最近変更になった交通法令の説明があり、

聴覚障害者の標識が2008年6月からある事を知りました。

このステッカーは、

通常の普通自動車免許証交付条件に満たない方(補聴器を用いて基準以上の警音器の音が聞こえない方)でも審査に合格すれば、

ワイドミラーの装着ステッカーを表示することを条件に

普通自動車運転免許証を得ている印です。

三重県では8名程使われてみえるそうです。

このステッカーを装着している車に対して、

危険防止等の止むを得ない場合を除いて、幅寄せや割り込み運転をした場合は罰せられます。

 2月7日の『めざましテレビ』で各標識の認知度を路上調査したところ

ほとんどの方がご存知なく、

このマークを見ただけでは何の障害を持っているかはイメージ出来ないとの結果が出ました。

車を運転される時に、このステッカーを付けている車や他のステッカーを付けている車を見かけたら より一層の安全運転を心がけて下さい。

自動車の運転者が表示する標識(マーク)についてはこちらの警視庁のサイトをご覧下さい。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/shosinmark/mark.htm

            津 店 K