7年ほど前に出会った方でしたが、

 耳の聞こえの状態がかなりお悪い方で、初めて補聴器を装用される事になりました。

 当初、人の声でも正面から相手の口の動きを見ながらでなんとか理解される程度でした。 

1ヶ月程してから来店された時に言われた事が今でも忘れません。

 御本人が一人で留守番いた時に玄関のチャイムの音が聞こえるようになってうれしいと、涙を流してながら言ってくれた一言です

 その姿を見てそれだけ責任のある仕事に携わっている事を自覚させられた出来事でした。

                 豊橋店 M