ナゴヤドームで行われた 「ドームやきものワールド」 に行って来ました。

全国の有名窯が集まり市場を開かれたり、その焼き物を使いフードコーディネーターがテーブルコーディネートした作品も展示されていた楽しいイベントでした。

市の中で、私が一番感動したのが「江戸切小」

他のブースは壁に自慢の焼き物を飾ったり、ショウケースを並べたり華やかに展示を競っていました。

その中に、ひざ位の高さの展示台に商品を並べて、後ろの壁には「伝統工芸江戸切小」の暖簾だけピンナップしてある何とも質素なブースに職人のお父さんがひとり。

でも、並べられたその江戸切小のグラスたちの鮮やかなこと。

手仕事の鮮やかさが見て取れます。

値段もそれなりでしたが…。

お店のお父さんは「どうぞ、手にとって見てください。」

と言われましたが、恐れ多くて…。

その中で、一番値打ちなのに、一番目を引いたのがこのぐい飲み。

「これは、光によって色が変わるんだよ。」

店のお父さんの言葉。

会場の名古屋ドームの照明には、ほのかな上品な紫色に見えました。

その通りでした。

自宅に買って帰って、電球型蛍光灯の光にかざしたら上の右の写真のように

これまた、実に涼しげな淡い空色じゃないですか!

白熱電球と太陽光では左の淡い紫。

刻んである鮎のシルエットと併せて、時間を忘れて眺めていました。

職人さん、おみごとです。

                              名古屋店 Y