初めて 宝塚 に行って来ました。

月組公演で、出し物は 「ラスト・プレイ」 というミュージカル。

オリジナルの脚本で、タイトルはわざわざカタカナにしてあります。

本来なら Last Pray なのでしょうが、

引退する主演の 瀬奈じゅん のLast Playにかけたのでしょうか。

メイクが、あえて個性を持たせないように男性、女性それぞれ似たようにしてあるんでしょうが、ちゃんとみんな顔の輪郭や体形、声で個性が滲み出ていました。

スポットが当たっているメインの人や後ろで踊っている人たちも、とにかくみんな綺麗です。

それに、一生懸命な歌と踊りでパワーが伝わってきました。

さすが、宝塚音楽学校に厳しい競争率で合格した人たちです。

観客の中の男性の割合が1/4ほどあり、女性が殆どかと思っていた私にとっては意外でした。

また、オーケストラが生なのにも感激でした。

2部のショーも含めて、S席(1階中央)で8,000円はかなりお値打ちです。

席を取るのが難しいのも納得です。

                 名古屋店 Y