以前当ブログでご紹介した、目立たない小型耳掛け補聴器

デンマークのワイデックスというメーカーの製品でした。

今月、パナソニックからレシーバーを補聴器本体から分離し小型化を図ったRICタイプの耳掛け型

WH-416KJ

が発売になりました。

代表的な、他社で同じタイプのものと比べると

   左の写真中央がパナソニックWH-416KJ、左:ワイデックスPA-115、右:GNリサウンド・ドット30

操作面ではドット30と同じくプログラム・スイッチもボリュームもありません。

補聴器で聞いている周囲の状況を7つのパターンで自動的に切り替えます。

つまり、音質は完全に補聴器まかせです。

PA-110がリモコンで調整を変えるものと対照的です。

音質は、軽度難聴、高音急墜(低音は良く聞こえているが、高音がある程度聞こえの悪い状態)のかた用で、高音がすっきりと聞こえます。

音に迫力が必要なかたは上の右にあるやや大きめな耳掛け型の

WH-216KJ

がお勧めです。

当店では、ご試聴&貸出しキャンペーンを実施中ですので、お気軽にご相談ください。

貸出し器に限りがありますので、ご予約をいただけると幸いです。

                  名古屋店 Y