補聴器の性能を表す時にチャンネル、あるいはバンドという表示が有り、

これは補聴器が持つ性能の中でも重要な機能の1つとなっています。

補聴器に入って来る音を複数の周波数帯域に分割して、音声を

処理(デジタル処理)します。

ですからチャンネル数/バンド数が多いほどよりきめ細かな調整が出来る

わけです。

一般的に数字が大きいほど性能がよいとされ、価格においても

より高額になっています。

音の違いを一度試して見てはいかがでしょうか。

 一宮店