東京ヴェルディのホーム「味の素スタジアム」には、補聴器ユーザーのための「磁気ループ席」があるそうです。

磁気ループ席」とは、座席の床下に磁気ループを設置して、補聴器についている「テレコイル」の機能を使うことでマイクをとおした声を直接、補聴器へ届けることができます。

つまり「磁気ループ席」で補聴器の「テレコイル」機能を使うと大歓声の中でもマイクをとおしたアナウンサーの声を聞くことができます。

補聴器に(T)(MT)というスイッチがついていればそれがテレコイル機能です。

「テレコイル」は電話やFMシステムにも活用できます。

最近のデジタル補聴器では、テレコイルの機能がついていても普段、なじみがない為に、強制的に働かないようにしてる場合があります。

お店で確認してみてください。

名古屋のいろいろな施設でも、このような取り組みをしていただけると、もっと補聴器の利用価値が広がりますね。

名古屋店便り