デジタル補聴器の中でボリューム機能を付け、そのボリュームを

場所に応じて操作していると、そのうちボリューム操作をしなくても

その場所(ボリューム操作を必要とする環境)に行くと自動的に

音量を調節してくれる補聴器があります。

基本的にはデジタル補聴器は自動音量ですが、人によってはいろんな

場所に応じて「より」使用者の好みに合わせるためにボリューム操作を

します。そして学習機能つき補聴器はその音量の変化を記憶していきます。

その結果、学習効果が働き「より最適な音量」に設定してくれる訳です。

この機能は中価格帯の補聴器にも搭載されるようになりました。

学習機能つき補聴器を一度体験して見てはいかがでしょうか。

  一宮店