私の長男はスポーツ少年団でサッカーをしています。

ある日親子交流会と称して、お父さんチーム、お母さんチーム、子供チームに分かれて試合をしました。

最初はフットサル。
10分間のゲームをしましたが、スポーツを普段からしていた頃からかけ離れて早数年。気持ちとイメージは出来上がっているのに、体が付いてきませんでした。
もちろん、すぐに息が上がってバテてしまいました。
他のお父さんもやはり同じようにバテている方もみえました。

その次は、11人制の本格的なゲーム。
グラウンドが広い分、フットサルよりも頻繁に動き回らなくても良かったのですが、ボールが自分の所へ来ると血が疼いてきて張り切ってしまいました。
案の定足がもつれてしまったりしましたが。

そしてゲームが進み、私のところへ高く上がったボールが来ました。
またもや血が疼きヘディングをしようとした時、

ガン!

ボールをヘディングした時の衝撃ではない、別の衝撃が走りました。
一瞬何が起きたのか分からず、はっ と気づいたら 誰かとぶつかった と分かり、立ち上がってみると 背の高い小6の少年とぶつかったようでした。

少年の後頭部がどうやら私の額に当たったらしく、少年と私は大事をとって休養しました。少年は数十分後には、元気にまたゲームに戻って活躍してて、少しホッとしました。

私と言うと、ぶつかった直後周りの人に
「あーーー! お父さん額がすごい事になってますよ!!」
私の額にはタンコブが出来て、血もうっすらと出てました。
それから私はタンコブをずっと氷で冷やし続けてました。

おまけに久しぶりに急激な運動した為、筋肉痛にもなってしまい、膝も少し痛めてしまいました。

今現在は、腫れも引き 膝も治りましたが、日ごろの運動不足をもう少し改善しようと思う日でした。

岐阜店