補聴器を装用されて気になる音として挙げられるのが

食器の音、ドアを閉めたときの音、新聞紙などの音が

あります。

これは茶碗やコップなどが当たる時、ドアを閉めたときや硬い物を

置いた時に発生する衝撃音によるものです。

このような音が気になって補聴器に馴染めない方は、衝撃音抑制

機能を有した補聴器を選ぶ必要があります。

この機能もメーカーと種類によって働きに大きな差があります。

その中でもシーメンス社の「サウンドスムージング」機能を

搭載の補聴器は衝撃音をよく抑えてくれます

一度ご相談の上、試して頂くとその効果が分ると思います。

一宮店