日中の気温が20度を超える日が多くなりました。
身体を動かすには快適な季節です。
しかし、補聴器にとってはご存知のように汗は故障の原因になります。
特に、耳かけ型の補聴器はソノ形から汗が一番下の電池ケースに溜まりやすい構造になっています。
布製の汗カバーをつける方法もありますが、汗が付いたらそのつど取り替えたりと面倒です。
こういうときは、シーメンス補聴器の耳かけ型補聴器に採用されている撥水加工の
ナノコーティングです。
汗を気にせず、安心して装用できますが、やはりこの働きも定期的に販売店でチェックしてもらいましょう。
撥水効果が切れていては、何にもなりません。
  名古屋店