補聴器用電池は、普通の電池とは異なります。
電池の表面に小さな穴があいてます。そこから空気を取り込んで電気を発生させる仕組みになっています。使っていなくても少しづつ消耗していきます。ですから、新品の電池には必ずシールが張ってあります。むやみにシールを剥がしてしまうと使いたい時には電池が消耗してしまっている事がありますので、お気を付けください。
これからの季節、大気中の空気が乾燥してきます。
実は、補聴器用空気電池は乾燥した状態に非常に弱いのです。通常よりも電池の消耗が早くなります
乾燥剤に電池を入れないでくださいというのは、このためなのです。
冬になると、閉めきった部屋でガスストーブを使っていると、部屋の中の空気が更に乾燥し、電池の消耗も更に早くなってしまいます。なるべく、閉めきった状態にせず空気の入れ替えをするようにしましょう。
と、このように通常の電池とは異なる点があります。
店頭でも詳しくご説明します。
不明な点等何でもおたずねください。
  岐阜店