補聴器を装用している方とお話をする時は、少しだけ気遣いをお願いします。
話し方にちょっと気をつければ会話がずっと楽になります。
1.基本はゆっくり
 
「ハッキリ」話すのは難しいもの。
でも、少しだけ「ゆっくり」話せば分かりやすさはグッと増します。
2.顔を見て
横や後ろを向いて話すと聞き取りは低下します。
意外に家族だと正面を向き合って話さない場合が多いようです。
話しかける方の顔を見るようにして下さい。
3.普通の声の大きさで
大声を出して話す必要はありません。
怒鳴ったような声は逆に聞き取りが悪化します。
他にも「口をしっかり開けて話す」とか、「聞き違いをされた時には違う表現で話す」など色々な方法があります。
まずは、急いでいる時でも「顔を見て」「普通の声で」「ゆっくり」お話しするよう周囲の方もご協力下さい。
  岐阜店