お客様より,補聴器をつけても病院の受付や先生の話をしている内容がわからない,という相談を受けます。
私どものお店での会話はよくわかるけど、そういう場所に行くと話し声が聞きにくいとよく言われます。
最近は、施設によっては受付カウンターに「耳マーク」という看板をおいて、難聴者への心の負担を少しでも解消しようという努力もしております。
しかし、お客様の中にはまだまだ、知らない方も多いようです。
ある、お客様との話の中でいちいち、受付の人が忙しそうに話してる途中で「すみません、私は補聴器をつけているからもう一度話してくれますか?」とお願いすることも頼みづらいそうです。
ついつい聞き流してしまう、というお話でした。
そこで、お客様に「わたしは補聴器をしています。ゆっくり、はっきりお話ししてください。」というカードを作って病院の受付係の人や先生とお話しする前にそのカードを見せてみてはとご提案しました。
さっそく、試していただいたそうでカードを見せることにより、最初から聞きとりやすい話し方で応対いていただけるようになったそうです。
今では、お顔を憶えていただいたようで、受付の係の方も担当の先生もカードを見せなくてもゆっくりお話してくれるようになったそうです。
  名古屋店