「骨伝導」という言葉をご存知でしょうか。
音は耳だけでなく、骨を伝わって聞くことができます。
スピーカを耳に当てて聞くのではなく、骨に押し当てて聞くことができるのです。

補聴器の世界では昔からあるのですが、最近は携帯電話などにも採用されて俄然注目されるようになってきました。

骨導式は耳穴をふさがないので、余計な圧迫感がありません。
耳へ物を入れる感覚が嫌な方には最適です。

 photo_7

骨導補聴器の中で最も注目されているのがスターキー社の製品。
F228D、F229Dは骨導式では珍しいデジタル増幅で聴覚に合わせた柔軟な調整が可能です。
また、3種類のデザインも従来製品と比べるとファッション性が向上しており、若い方でも抵抗が少なくなっていると思われます。

  【骨導補聴器は使える人が限定されます】

注意が必要なのは、骨導補聴器が使えるのは中耳や外耳に問題があって難聴になった伝音難聴の方のみです。
一般的な老人性難聴の場合は骨導式補聴器を使っても上手く効果がでません。

補聴器に限らず骨伝道式の製品は通信販売などで安易に購入すると失敗する可能性が高いと思われます。
必ず店頭で効果を確認してから購入されることをお勧めします。

  岐阜店