耳穴型補聴器の耳あか防止用フィルターについて追記です。
フィルターには必ず音の通り道となる空間が空いています。
ということは、日常のお手入れとしてフィルター部にブラシをかけるときいくらかの耳垢はその空間からレシーバーという音の出る部品に侵入します。
店頭でフィルターを交換する際は出来るだけフィルターをはずした状態で音口の汚れを点検しますが、こまめにお手入れされていてもそこにけっこう耳垢がたまっています。
クリーニングで溜まった耳垢を除去できればいいのですが、取りきれないときは部品を交換しなければならず有償修理となります。
ですから、フィルターは早めの交換が必要となりその期間は状況によって大きく異なります。
面倒でも販売店でよく相談をし、そのかたに合わせた耳あか防止フィルターの交換時期を検討されるといいと思います。
  名古屋店