耳の「中」に小さく収まる極小CIC型。
耳の「後」に隠れてしまう極小耳掛け型。
装用していることが目立たない補聴器は数多くあります。
その一方で見た目も楽しめるカラフルな補聴器も各種あります。
隠すのではなく、アクセサリーのように楽しめる補聴器です。
代表的な物をご紹介します。
カラー補聴器の先駆けとも言えるベネトン。
 →Link
ワイデックス社のカラーケース。
 →Link
オーティコン社も多彩なラインナップを展開。
 →Link
見る角度で色が変化するカメレオンカラーも。
 →Link
メーカー仕様のカラー補聴器だけでなく、自分で一手間加えて更にドレスアップする事も可能です。


例えば、この補聴器。
ネイルや携帯電話などに貼り付ける「光り物」を利用して光り輝くケースに大変身!
聴こえを楽しむだけでなく、付けること自体が楽しめる。
そんな補聴器がドンドン増えるといいですね。
  岐阜店