統合信号処理(ISP)機能を搭載した補聴器は今まで”インテオ”(ワイデックス社)
だけであったがこの度”アイキア”という中価格帯の補聴器にも搭載されて発売と
なりました。
ワイデックス社独自のISP技術とは補聴器の持っている機能(①音や音声・環境
などを細かく「分析」する。②騒音、言葉、ピーピー音などを「的確に処理」する。
③補聴器全体が最適に働くよう「最適化」する。)が連携して瞬時に、使用者の
聴力や音の好みに合わせて最適にしてくれるテクノロジーのことです。
デジタル技術はどんどん進化しています。このISP補聴器は一歩より人間の
本来の聴覚に近づいた補聴器と言えるのではないでしょうか。
  一宮店