補聴器の機能の中に「誘導コイル」という機能がついているものがあります。
メーカーによっては「テレホンコイル」とか「Tコイル」という表現になっているものもあります。
補聴器のスイッチまたはプログラムボタンを「T」ん切り替えます。(機種により異なります。)
周囲の音がきこえなくなります。
そのまま電話機に近づけてみてください。
ループコイルが内蔵されている電話機であれば、補聴器の「誘導コイル」の機能を利用することにより周りの音に影響されずに電話を聞くことができます。
ハウリングもしません。
ただ、現在は電話機も補聴器も多種多様です。
補聴器の切り替え操作も様々ですし電話機によってはノイズが発生する場合もあります。
補聴器に「誘導コイル」機能がついていても気がついておられないお客様もおります。
興味のある方はご自分の補聴器にそういう機能があるのか販売店に確認してみてください。
  名古屋店