補聴器の価格は種類が多く複雑です。
アフターサービスの料金が含まれているのも分かりにくい原因です。

信頼できる販売店で試聴をし、価格と聞こえ、そしてアフターサービスが見合った補聴器を見つけることが大切です。

一定の試聴・返品期間を設けていない店は問題外ですし、値引きのない店には相当なアフターサービスを求めるべきでしょう。


上の写真は価格が全く異なる2機種ですが、見た目での区別は困難です。
一般的に補聴器としての性能が高くなるほどメーカー価格は上がりますが、外観からは判断できないのが難しい所かもしれません。

箱形補聴器の価格は約3万円~8万円程度。 
主に補聴器が出せる音の大きさで価格が変わります。
つまり、高度難聴用の箱形が高額になります。
耳掛け形補聴器の価格は約4万円~40万円
オーダーメイド耳穴形は約8万円~45万円
これらは1台の価格ですので、両耳に装用する場合は上記価格の1.5倍~1.8倍程度の金額になります。

驚くことに同じような形状でも10倍近い違いがあります。
価格の違いは、主に搭載されている機能で異なります。
主要な機能には以下のようなものがあります。
  自動音量
ボリュームでの調整が不要になります。
小さな聞こえにくい音を大きくし、十分に聞こえる音は大きくしません。
高額な多チャンネル補聴器は音の種類を細かく分けて、それぞれを最適な音量に調整します。
  ハウリング制御
補聴器から漏れるピーピー音を抑えます。
電話を聞くときに役立ちますし、装用感を良くするオープンフィッティングにも大切な機能です。
ハウリング制御にも様々な種類があり、どの程度の漏れを抑えられるかでも価格が変わります。
  指向性マイク
背後の音を抑えて正面の音を聞きやすくするマイクです。
騒がしい場所での聞き取り向上に貢献します。
指向性は器種による性能差が顕著で、環境音に応じて指向特性が変化するなど複雑な動作で聴こえを確保します。
  雑音処理
言葉以外の音の増幅を抑えて聞き取りを向上させます。
特にエアコンの送風音や路面のタイヤ音などの雑音を効果的に抑えるので、言葉が分かりやすくなります。
その効果も機種によって大きな差があります。
これら以外にも言葉の聞こえを向上させるための様々な機能が搭載されています。
全ての機能が全ての人に必要なわけではありませんので、聞こえや用途に応じて選択しなければいけません。
また、補聴器代金に含まれるアフターサービスの内容も様々です。
補聴器は購入時にも様々な測定や調整が必要ですし、使用を開始してからも調整やメンテナンスが必要です。
パソコン等は使い方の説明や初期設定自体も別途料金がかかるのが普通です。
ですが補聴器は使い方はもちろん、点検・クリーニングや定期的な聴力測定と音質調整が壊れるまでは無料で受けられるのが一般的です。
また、アフターサービスの内容は販売店によって様々ですが、その内容を明示している所が少ないのも価格が分かりにくい原因かもしれません。
購入する補聴器の価格に疑問を感じられたときは以下を見て下さい。
補聴器を買うときはまず取扱商品の価格帯が明示されているかを確認。
独自カタログで価格を操作してないかメーカー発行カタログでも確認。
試聴や返品できる期間が明示されているかを確認。
アフターサービスの内容を確認。
通信販売の補聴器との比較はまた次の機会に致します。
  
岐阜店