「補聴器のお手入れをしてください。」とお願いしても、お客様ではどうしても見つけにくい汚れもあります。
特に耳穴式の補聴器になると部品が小さいため、肉眼では見つけにくい汚れもあります。
耳穴式の場合、音が出るところに耳垢防止のフィルターがついて定期的に交換できるものもあります。
フィルターは網状になっているのですが、そのフィルターの網を突き抜けて汚れが補聴器内部まで入り込んでいることがあります。
また、マイク部も肉眼では見えない汚れが付着していることがあります。
そんなときは補聴器専門店で見てもらってください。
拡大スコープで汚れ発見、内部の汚れを専用の機械で吸引します。
調子がよくても、定期的に専門店のメインテナンスをうけましょう。
なんだか人の体と同じですね。
調子が良いときほど、定期的に診断をうけて大きなトラブルにならないよう気をつけましょう。
  名古屋店